卒業論文


1979(昭和54)年度
卒業研修
研究課題 研究者
八戸大橋の動的特性に関する数値解析 浅利 守文
泉山 秀行
高橋 誠
実測による八戸大橋の常時微動に関する研究 工藤 嘉範
笹森 裕之
田辺 政秀

1980(昭和55)年度

卒業研修
研究課題 研究者
3径間連続桁箱の固有振動に関する実験的研究 石橋 秋宏
小笠原 靖男
佐々木 徳英
プレートガーター橋の設計と主桁間隔および主桁数に関する考察 轡田(くつわだ)
則雄
ワーレントラス橋の自動設計−縦げた断面の最適化− 工藤 裕治
軸圧縮力を受ける部材の最適設計に関する研究 紅藤 謙一
マイクロコンピューターを利用した
構造力学演習の開発とその利用について
坂爪 和英
四辺固定長方形板の差分法解析による
一方向板、二方向板に関する考察
東海林 光彦
正三角形Network差分による四辺支持平行四辺形板の解析 小坂 茂基

1981(昭和56)年度

                              卒業研修
研究課題 研究者
平行四辺形板の曲げに関する研究 荒川 精一郎
ポストテンション方式による単純T桁PC橋の設計 森山 瑞男
トラスの最適設計
−軸方向圧縮力を受ける部材の最小重量設計−
山崎 淳一
模型実験による八戸大橋の動的応答解析
−走行車両による応答−
岡野 泰久
小笠原 弥
有限要素法による格子桁の解析 早狩 昌治
マイクロコンピューターを使用した
有限要素法によるトラスの構造解析
−たわみに関しての一考察−
杉山晴康

1982(昭和57)年度

                              卒業研修
研究課題 研究者
単純下路曲弦ワーレントラス道路橋の設計 佐藤 透
荷載試験装置の骨組構造解析とH形鋼の曲げ応力に関する実験 阿部 敏幸
勝見 誠
トラスの最適設計−部材配置の最適化− 久保 敏幸
有限要素法によるはりの平面応力解析 佐藤 智和
八戸大橋の地震応答解析 伊藤 智弘
多田 弘市

1983(昭和58)年度

                             卒業研修
研究課題 研究者
構造物の振動制御方法に関する実験 上杢 昌利
大崎 智
藤川 佳久
塑性設計法と弾性設計法の比較 大槻 俊雄
八戸市地盤沈下観測記録データ整理プログラムの開発 後藤 享
有限要素法による連続構造の最適形状化に関する研究 佐野 智樹
プレートガーター橋のマイクロコンピューターによる自動設計 横川 昭仁

1984(昭和59)年度

研究題 研究者
連続ばりの支点位置に関する考察 伊藤 修
SUMT(内点法・外点法)によるトラス構造の最適化について 及川 聡
有限要素法のための要素自動分割について 岡島 敬
軸力を受ける鋼管の最適設計 粕谷 浩一
境界要素法による連続構造の最適形状化について 小林 典彦
構造物の振り子による振動制御に関する数値実験 坂本 義政
2ヒンジアーチおよび固定アーチの最適構造に関する考察 田岡 和美
1台のパソコンを2人で利用する演習プログラム 山内 徹

1985(昭和60)年度

卒業研修
研究題 研究者
トラスの多段階決定法による最適設計 佐々木 信
田嶋 浩司
長谷 好洋
門前 利昌
片持梁式擁壁の最適な安全寸法に関する考察 中田 渉
連続構造の最適形状設計−最適化手法と要素自動分析− 巻 巌
松本 隆
ラーメンの各種解法の比較 山本 達雄


1986(昭和61)年度

卒業研修
研究題目 研究者
トラス部材の最適設計について 荒井 和洋
鳥谷峰 一人
片持ばり式RC擁壁の最適寸法 岩崎 浩
鈴木 誠史
イメージスキャナーの土木工学的応用の基礎的検討 熊谷 盛
土質柱状図のデータベース化とその活用法の開発 駿河 孝
地下水位と潮位の関係 玉川 一典
かたちのスペクトル分析に関する基礎的考察 芽根 勝則
曲げモーメントを受けるI型断面梁の最適設計 穐山研と合同

1987(昭和62)年度

卒業研修
研究課題 研究者
平行弦トラスの最適形状に関する基礎式 尾野 敏
富沢 敏文
立体トラスの最適化における許容応力制約と変位制約 西塚 寿之
異方性を考慮した弾性地盤内応力 木田 年彦
かたちのスペクトルによる粒子形状の表現方法 寺中 賢武
逆T型とL型擁壁の最適安定寸法 外里 淳一
八戸地域土質データバンクの活用 原 英樹

1988(昭和63)年度
卒業研修
研究題目 研究者
有限要素法による連続構造の形状最適化のための改善 小野寺 悟
遂次線形計画法による立体トラスの形状最適化 加賀谷 光明
かたちのスペクトルによる粒子形状の表現方法−その2− 橋場 賢治
擁壁にかかる水平土圧と裏込土の異方性 長谷川 智之
八戸立体地図の基本的構成 宮武 晃
協会要素法のための要素自動分割プログラムの
開発と形状最適化
和田 公明

1989(平成元)年度
卒業研修
研究題目 研究者
地下空洞の形状と掘削後の力学的挙動 伊藤 孝一郎
山田 一彦
地下水位と地盤沈下の関係について 小山内 一雅 
八戸地域立体地図の作成 成沢 昌幸
粒子計上に用いられるラウンドネスの一評価法 野本 博之
2次元連続体の板厚変化法と境界変化法による形状最適化 蛭間 康弘
違法性弾圧製の圧力球根と応力表の作成 松田 真一

1990(平成2)年度

卒業研修
研究題目 研究者
地下空洞の形状と掘削後の力学的挙動 有村 義広
駒谷 太子
桜田 文明
連続はりの支点位置に関する考察 板敷 貴之
寒冷地舗装の改良とその最適化 内山 直彦
豊島 弘之
パターン変換法と要素面積配分法による応力均一化 久保田 康之
佐藤 智
T.新地下水位観測の評価と考察
U.地下水位変動と地盤変動
佐久間 道弘
三浦 美千徳
八戸地域土質データバンクの活用 下田 亮


1991(平成3)年度

卒業研修
研究課題 研究者
一台のパソコンを2人で利用する
構造力学演習プログラムの開発
大川 和也
高橋 康洋
 渡辺 謙一 
八戸地域土質データバンクの活用 大澤 岩和 小村 隆幸
笹渕 友春 佐藤忠
連続張り出し梁の最適支点位置について 加賀見 敏史
木本 浩史
異方性地盤における空洞形状と
空洞掘削後の力学的挙動
片桐 充崇 田沢 角栄
中島 正栄 松岡 寿幸
地下水と地盤沈下について 勝又 暢昭
清水 良男
寒冷地舗装の改良と最適化の検討 加藤 学
前田信之

1992(平成4)年度

卒業研修
研究課題 研究者
パソコンを使った演習システムの開発 大石 浩司 佐藤 英明
澤田 輝久 塩原 厚彦
八戸地域土質のデータベース管理プログラムの作成 大久保 忠彦
森若 貴弘
谷津 文久
RC擁壁の自動設計・自動製図 菊地 隆博 佐藤 哲也
佐藤 誠 長多 伸幸
異方性地盤の地価空洞の形状に関する研究 鈴木 伸尚
内藤 伸一
峯村 光一
はりの最適支点位置に関する考察 田崎 邦彦
天間 敏勝

1993(平成5)年度

卒業研修
研究課題 研究者
八戸地域土質のデータベースの再構築 赤石 誠
上野 英明
小沢 洋志
RC擁壁の自動設計 自動製図 朝倉 健二
北村 浩行
立原 富貴
スプレットシートを使った自動設計 小野 聡
後藤 弘介
パソコンのマルチメディア化について 鳥谷峰 修
中根 章貴
マルチメディアパソコンを使った演習プログラム 久保 祐二
佐野 公昭
数式処理プログラムの立体解析プログラムの利用 小竹 健一
堀尾 昌弘

1994(平成6)年度

研究課題 研究者
地下水位と地盤変動 鈴木 一弘
遺伝的アルゴリズムによる最適化の基礎研究 惣万 律
3次元弾性体の有限要素解析の活用 後藤 要
パソコン利用のためのビデオ教材の作成 小石山 努
構造形態と人間感覚に関する基礎的考察 四方 紅美代
下田 記央
控え壁擁壁の弾性設計と塑性設計 舘山 忠宗
川村 宗巨
城の石垣とブロック積の安定 長多 邦裕 
異なるスペクトルによるかたちの表現 若松 美宏
市販データベースによる図書館システムの検討 岡山 良次

1995(平成7)年度

卒業研修
研究課題 研究者
青森県の鳴き砂に関する調査 熊沢 和哉
今野 重信
坂巻 嘉宏
GA(遺伝的アルゴリズム)による最適設計のための基礎プログラム 佐々木 利成
佐々木 喜規
書架の加振実験 釜谷 正宏
宮原 理
宮本 隆俊
鋼管杭基礎の終局限界状態の向上に関する研究 松田 秀高
観光事業における橋梁の利用 大西 和孝
畑中 圭
構造形態と人間の力学的感覚 佐藤 直樹
獄山 直也
三陸はるか沖地震による橋梁の被害 加藤 幸樹
村田 健一
控え壁擁壁の設計プログラムの開発
−Visual Basicの利用−
川村 宗巨


1996(平成8)年度

卒業研修
研究課題 研究者
白浜海岸の砂と鳴き砂に関する調査 加藤 秀一
高橋 敏文
EPS(発砲スチロール)の住宅基礎への活用に関する
基礎的検討
石ヶ森 優
加藤 徳孝
 田名部 陽一
八戸地域の地下水と地盤沈下 伊東 貴司
小島 淳
構造形態と人間の力学的感覚 三澤 茂孝
鋼管杭基礎の終局強度の改善に関する数値実験 伊林 亮
城ヶ倉大橋と観光 木村 賢蔵
インターネットとマルチメディアを活用した構造力学演習 岩沢 貴史
高橋 敏文
物理・数学と構造力学の学習 鈴木 強

1997(平成9)年度

卒業研修
研究課題 研究者
表計算とVisual Basicによる測量調整計算プログラム 久保明宏
発砲スチロールの住宅基礎の振動実験 阿保貴光
鈴木康紀
八戸地域の地下水と地盤変動と気象との関係 八島宏之
中堀り根固め工法による鋼管杭基礎の先端支持力 近藤 弘康
田中 竜介
津軽海峡大橋の構造計画 権現堂 敏幸
山田 貴章
佐藤 智則
インターネットを活用した構造力学演習システム 菊地 聡
高橋 宏輔
構造力学の教科書に関するアンケート調査 佐藤 滝也

1998(平成10)年度
卒業研修
研究課題 研究者
L型擁壁の低サイクル疲労現象 香田 清二
樋口 晴樹
八戸地域の地盤沈下と地下水位に関する調査:1998 沖田 学
山崎 英文
観光を考慮した橋の計画に関するアンケート調査 遠藤 考則
田中 大丈
鉄筋コンクリート充填鋼管構造の圧縮耐荷力に関する実験 岡沼 有祐
坂本 輝雄
高橋 和久
斜張橋と吊橋の複合による長大橋の検討−津軽海峡大橋− 河村 敬志
工藤 栄進
黒沼 真一
青森県の近代化土木遺産に関する調査 安達 久幸

1999(平成11)年度

卒業研修
研究課題 研究者
アーチの力学的合理性と美 加賀妻 佳子
水木 理恵子
青森県の近代化土木遺産に関する調査 -その2- 大野睦美
鉄筋コンクリート充填鋼管構造の耐震性に関する実験 石橋 博則 伊藤 麻子
捧 賀律夫  舘 洋子
渡邊 知憲
鉄筋コンクリート充填鋼管構造の数値解析 石川 浩史
岩瀬 文尋
PRC(プレストレストコンクリート)ウェル工法の
接合に関する実験的研究
佐藤 泰大
手塚 誠
インターネットを活用した構造力学演習 相澤 徹
新しい構造力学実験の試み 佐藤 淳

2000(平成12)年度
卒業研修
研究課題 研究者
景観と観光を考慮した構造および道路設計:津軽・下北半島の事例 新谷 勉
殿岡 信之
山田 文彦
鉄筋コンクリート充填鋼管(RCFT)構造の耐震性に関する実験的研究 池田 達哉
鍋島 憲昭
森 雅幸
津軽海峡大橋の変位特性に関するパラメータ解析 坂本 嘉紀
左舘 真奈美
地盤沈下と地下水位の観測プログラムの再構築 加藤 巧慈
皆川 貴志
インターネットを活用した構造力学演習 佐藤 豊
教育向け新しい構造力学実験の試み 岩下 茂子

2001(平成13)年度

卒業研修
研究課題 研究者
鉄筋コンクリート充填鋼管構造の耐震性に関する実験的研究 阿久津 朋子
小田桐 有希
田嶋 太一
田代 武芳
地盤沈下と地下水位の観測プログラムの再構築 東 守
滝野 貴之
教育向け構造力学実験の新しい試み 阿部 大輔
インターネットを活用した構造力学演習 川上 徳之
FRP(繊維強化プラスティック)ケーブルを用いた
超長大橋の変位特性
熊谷 拓 
鳴海 峰静
景観と観光を考慮した道路構造設計 千葉 琢磨
三浦 嘉之

2002(平成14)年度

卒業研修
研究課題 研究者
角型鋼管を利用した鉄筋コンクリート充填鋼管構造の力学的特性 石田 健悟
大友 大輔
片岡 範俊
八戸地域の地下水位および地盤沈下観測プログラムの開発と考察 佐々木 千春
三原 久典
インターネットと動画を活用した構造力学演習 五十嵐 義光
応用展開能力を育成するための構造力学実験 後上 勝俊
超長大橋へのFRPの適用と主塔高さに関する数値解析 越谷 一元
鈴木 拓也
新井田川に架かる橋梁の景観に関する考察 田村 記央

2003(平成15)年度

卒業研修
研究課題 研究者
角型鋼管を利用したRCFT構造の圧縮せん断試験―コンクリート強度の影響― 佐々木 義人
宮崎 貴哉
なぎさ・ブリッジの振動実験 大内 直人
見附 孝大
新しい構造力学教育の試み―インターネットと模型製作― 小野寺 優

2004(平成16)年度

卒業研修

研究課題 研究者
振動計測による橋梁アセットマネジメント 五日市怜
古川広平
ブロードバンドインターネットと教育<学習内容向上のために> 新井田拓也
地震時における八戸市の地盤沈下と地下水位の変動 高森竜太
スギ間伐材を利用した八角形木造建築物の載荷試験
Bow string Arch 要素試験
相原靖

 修士論文へ

トップページへ